新・風の松原を歩く

PC版では、2017年5月までの「ブログ 風の松原を歩く」も表示したまま、画像を沢山表示できるように、またスマホからも投稿できるようにした。 名前を「新・風の松原を歩く」とした。 「風の松原」は秋田県能代市の海岸砂防林である。

先ほど掲載した「高階梅子の歌碑」から松風庵の方角に100メートルほど戻ると句碑のアパートかと思うような大きな碑がある。それが俳星碑だ。碑の正面には当時の秋田県知事小畑勇二郎が書いた「俳星碑」という文字がある。
この碑は昭和52年9月に句誌「俳星」が700号を達成したことを記念して建立されたものである。続きを読む

先日、数年ぶりに夕日の松原へ。私が免許を取得し、初代のホンダライフで秋田に行き始めた頃は、この臨海道路?の松はまだ植えられたばかりだった。
続きを読む

今朝早く(実際は昨夜寝る前に)書いた筈のブログがまだ投稿されていなかったので慌てて投稿。きっと居眠りしながら投稿したのだろう。
今朝は、その時に作った会員への書類を配達。昨夜6人にメールに添付して送り、今朝は15人に配達。続きを読む

ゴールデンウイーク中にブログを更新しているとき、なかなか上手くいかない。パソコンもご機嫌斜めだった。パソコンも休暇を取りたいのだろうと思った。あれこれ試していて、マウスに原因があることが判明。続きを読む

昨日の朝はトリムランニングコースを歩いて、クロマツ林内でも桜が満開だということを伝えた。
今朝は、トリムランニングコースよりも、もう一つ外側のコース、「健康づくりのみち」の桜の様子を見て回った。続きを読む

ブログ「東北自然歩道<能代>」に
実は「新奥の細道」の標識は能代市内にもまだあった筈だ。落合の旧能代市海水浴場から、旧峰浜村のポンポコ山まで行く道路があった。あの道路は今では飛砂に埋もれてしまったと思うのだが、標識は今でも残っているだろうか?
続きを読む

↑このページのトップヘ