新・風の松原を歩く

PC版では、2017年5月までの「ブログ 風の松原を歩く」も表示したまま、画像を沢山表示できるように、またスマホからも投稿できるようにした。 名前を「新・風の松原を歩く」とした。 「風の松原」は秋田県能代市の海岸砂防林である。

夕方、サン・ウッドの向かい側の小径を歩いている時にキジも散策?しているのを見たが、シャッターチャンスは訪れなかった。続きを読む

風の松原では陸上競技場から入って250m、Y字路を曲がる前のウワミズザクラの隣の木、カマツカの白い小さな花が咲き始めていた。続きを読む

この春センダイハギを見たのは5月22日の散策の時にジョギングコース28番地点付近で見たのが初めてだった。23日にアカマツ林の向かい側(十数年前にセンダイハギの群落を見た場所)を歩いたが見つからなかった。それが今日、林床改良作業をした場所の東側に群落を発見した。続きを読む

各種会合を実施する季節になった。6月から7月に掛けては2つの会の幹事役をしている。その会合では出欠連絡のハガキに例年かもめ~るを使用している。案内状には「◯◯会はかもめ~るの発売を待って6月1日に発行します」と書いている。そこでかもめ~るの予約のために近くの郵便局へ。続きを読む

先日エビネ展に出掛けたが、エビネを出品した人からエビネの切り花をいただいた。エビネは展示会が終わると花を切り取り、来年の出品に備えるのだそうだ。続きを読む

昨夜飲み会から戻ってきたら「こんばんは成田です。明日の作業は雨の予報のため、24日(金)に延期します。よろしく」というショートメールが届いた。酔って帰ったばかりの私は「エッ、延期するの? 明日のことを考えて飲まないで帰ってきたのに」と答えていた。続きを読む

先日、5/16のブログの最後に、見慣れない自転車が停まっていたので話しかけたら「山椒の葉を採っています」という答えが返ってきた話を書いた。今日も同じ場所に同じ自転車が停まっていた。午後、留守番をしながら先日録画したビデオ「こんなところに一軒家」の5月12日放送分を見ていて理由がわかった。続きを読む

松原に入ろうか公園に行こうかと考えながらこの写真(私の影が写っている写真)を撮っていた時、何やら植物の葉を持って林から出て来た人がいた。何の葉か聞きながら手元を見るとミズの茎のように見えた。
女性「ミズを採ってきました」と言う。
私「私は毎日写真を撮って歩いています。今はウワミズザクラが綺麗です」

女性はウワミズザクラを知らなかったようなので、「ここから300mのところに咲いています。案内します」と言って先に立って歩いた。この女性は毎日スタスタと早足で松原内を歩いている人で、私よりも歩くのが速い。すぐに追いついてきた。

続きを読む

室内の額を替えた機会に庭の花を撮影。今年は撮さないでいるうちに登場する花が変わってしまった。

続きを読む

市役所でアンケート封筒の提出後、昨日のオレンジリボンへの迅速な対応へのお礼を述べ、県の子育て支援課にリーフレットを注文して快諾を得たことを報告しサンピノへ、

続きを読む

今日風の松原で出会った友人から、たしか「アツモリソウの群落がある」と場所を聞いた。私が十数年前に作成した『風の松原 案内ガイドの手引き』の「風の松原の植物」の春に花を咲かせる種類(5~6月)には、オオアマドコロ、コシャク、カキドオシ、ハルガヤ、ムラサキケマン、スイバ、ヒメスイバ、エゾノギシギシ、マイズルソウ、ヒメオドリコソウが載っているが、アツモリソウは載っていない。続きを読む

先週6日に来た時に咲いていたのははまだ一ヵ所だけ、ボランティアガイドに聞いたら、つつじ祭りは11日からとの話だったので、また立ち寄った。続きを読む

↑このページのトップヘ