昨日からインターネットでいろんな論評を見ている。ポーランド戦が始まった時は立て続けにシュートし幸先の良さを予感させたが、前半を0-0で終わった時点でもう一方の試合も0-0であったことから予想された結果であった。

しかし海外の論評は厳しかった。
DSC_3816
「サムライらしくない」と言われても、決勝リーグに進む方に優先度が高いと思う。
「フェアプレーポイント」の2ポイント差で日本が勝ち上がった。ルール通りにやった結果だが、「フェアプレーポイント」という語が気にかかった。「勝利ポイント」とかなんか、別の言葉だったら違和感がなかったかもしれない。
「Aチームはフェアプレーが多かったが、惜しくも試合に敗れた」と「フェアプレー」は敗者側を褒め称える形容語のようなニュアンスが強い。