昼に急用でサンピノへ。話をしているうちに、「今日は歩いて来たのか?」と問われ、松原散策の話が出たが、6月末の薬剤散布以来、W杯サッカーを見て寝不足だったり、高校野球で秋田に行ったりでほとんど歩いていないことに気付いた。
そこで午後から渟城西小に名簿を届けた足で風の松原へ。
日陰にはクルマがたくさん駐まっていた。皆さんが松原散策に出かけているのか?
IMG_6516
花火大会のため、21日夕方からこの道も閉鎖されるので、閉鎖用の看板等が既に準備されていた。
IMG_6517
7月10日には樹木名札取り付け作業でここを歩いているので、今日も同じコースを歩く。
日陰が多いので歩きやすい。
IMG_6519
まもなくホームページ「風の松原案内」の増補作業に取りかかるので、あちこちの風景を見ながら進む。
IMG_6521
上の写真の三叉路を右へ。すぐにオオウバユリがあった。例年7月下旬には咲く。
IMG_6523
咲き始めると切り取って生け花の材料にする人がいるので、道路端の花を切り取らないで欲しい。つぼみが大きいので、どんな立派な花が咲くかと過剰な期待を持つ人が多いのだろう。
ここが健康づくりのみち№1地点。ここを左に入る。
IMG_6524
IMG_6525
少し進んだ場所に「キタコブシ」の名札を取り付けた場所があった筈だが、様子が変だ。一面に葉が敷き詰められた場所があった。
IMG_6526
キタコブシの葉がほとんど落葉しているのだ。何があったのだろう?
IMG_6527
IMG_6528
この付近は最近の雨がまだ乾いていないためか、靴が埋まりそうで歩きにくい。
IMG_6530
こちらのキタコブシは葉を付けているから、先ほどの木だけが異常なのだ。
IMG_6532
今度は鳥の羽だけがいっぱい落ちている場所があった。近くにタヌキ・ハクビシンなどの動物がいるのかもしれない。
IMG_6534
道路はゲチャゲチャして歩きにくい
IMG_6535
日陰はいいが向こうは太陽がサンサンと。そういう場所はクロマツが少ない場所だ。向こうの両側はニセアカシアが多い場所だった。
IMG_6536
IMG_6537
ここが健康づくりのみち№3地点。ここを左折すると7月10日にはクルマユリが咲いていたのだが。このリンクの22枚目と23枚目の写真
IMG_6539
しかし左折しても花はなかった。根こそぎなくなっていた。
IMG_6540
大森稲荷神社の脇を通り、トリムランニングコースのアスファルト道路に出ると暑い。
IMG_6543
ここのキタコブシの葉も茂っていた。どうして最初のキタコブシだけ葉が落ちていたのだろう。
IMG_6544
1300m地点の左側や1600m地点の右側にもオオウバユリの群落がある。
IMG_6546
IMG_6547
駐車場に戻ってきたら、クルマのドアを開けて本を読んでいる人がいた。
IMG_6553
7月10日の樹木名札取り付け作業の時は2時間掛かったが今日は40分の歩きだった。