先日、丁山の会所作りをしている時にあった人からチラシをいただいた。
いただいたチラシのオモテ
Image0312
裏は
Image0313

私たちが中学生になったころ、鍛冶町にアワジ写真館がオープンした。そこに通い詰めていた友人は写真専門学校に進み、デザイナーになった。キャノネットから一眼レフに変わってゆく時台だった。

先年、五能線◯◯周年写真展で当時の写真を沢山応募した人もいた。機関車は誠に人間的だったのだ。

先ほどの友人は、専門学校で出される課題で、一番苦労したのが鶏卵の撮影だったそうだ。白いバックで卵を撮すので、下宿の朝食に出される卵を見るのもいやになったと言っていた。