今朝、湯らくの宿のしろ で約1時間の打合せを終えてから近くの大開浜国有林へ。
湯らくの宿のしろでは、今日行われる能代支援学校の寄宿舎に入っている生徒と保護者のおたのしみ会の準備をしていた。
IMG_8731
打合せを終えてから国有林の入口へ。正面の鉄の扉は閉まったままだが、すぐ脇に人が歩いている踏みつぶしが出来ている。
IMG_8741
IMG_8742
ここは歩道を歩くことが出来る
この奥に広場?がある。防火帯なのかもしれない。
IMG_8744
北を見ると真瀬岳の三角形のとんがりが見える
IMG_8745
この奥の歩道は雑草が多すぎて上手く歩くことが出来ない。散策する人が少ないのだろうか
IMG_8749
左脇の林の中に小径が伸びている。そこを入るとこんな風景。
低木や雑木がほとんどない。この大開浜は昭和31年頃から造成が始まった。だからまだ60年くらいだ。
IMG_8760
IMG_8755

この林を抜けて次の作業道に出ると北には先ほどの真瀬岳の三角形がはっきり見えた。
IMG_8753
南を見ると能代の風車が見える。手前はガードレール。
IMG_8754

数年前は熊が出たことがあるので、以前「熊に注意」の大きな看板があった堤防に行ってみた。
IMG_8761
熊に注意の看板はなかった。振り返ると
IMG_8762