高校の同級生が書いた原稿が秋田さきがけ新報に掲載された。その後単行本になることを期待していたが
なにもなかった。2002年のことである。
鄙の鎮魂歌1