旅行でいただいたパンフレット類がたくさんある。ファイルにしまっておく予定なのだが、そのまま紛失してしまうものが多い。ブログに記録して保存しておけば、必要な時に検索が出来るのではないか。そこでパンフ1枚ずつタイトルにして検索可能にしておこう。
今回、小坂町に行って研修し、秋田県北の隅にあって、十和田湖に行くために通過していただけの場所と思っていたのが全く違っていた。この小冊子のタイトルのように、明治時代には小坂町が秋田県の近代化産業の先頭を切っていたのだろう。私は昭和44年から昭和47年まで4年間の尾去沢の生徒の様子を見ているが、あそこも進んでいたが、小坂はもっと進んでいたような感じを受けた。

1ページ
近代化産業遺産1
2ページ
近代化産業遺産2
3ページ
近代化産業遺産3
4~6ページ(勝手に3等分したので文が途中で切れているかもしれない)
近代化産業遺産4

近代化産業遺産5

近代化産業遺産6