「は行」は、あ行、か行、さ行に比べれば枚数は少ないですが、25枚ほど
「は」からは1枚だけ 先輩からの賀状「人生成り行き」とは書いているが、実際は思いやり、キメの細かさの先輩。大学受験に行ったその日の喫茶店から会っていた。「キナ臭い平成後」は確かに気になる。能代で日本海中部地震の現場を案内したことがあるが、彼の自宅のすぐ隣の町内も陥没した。今は転居。
は行1
「ひ」この人の版画はいつも楽しみにしている。家族はご夫婦とお母様、ロンだったがだんだん人数が減ってきてロンからぐれに変わった
ひ1

「ひ」今度は中学同級生
は行2
「ふ」のトップは同級生 昔は鎌倉にあるお寺の名前を一杯並べていた賀状が印象に残っているが、今年はわざと誤変換
ふ3
次は地学研究者、八峰町にも何度も来たようだ。「パンポコの山にタヌキが居るらしい首長の姿重ねて楽し」 ジオパークに再認定されたから良しとしよう。
ふ4
首長の姿とは(1月19日撮影)
IMG_1807_2

次は「ふ」だが花輪のお二人。クラス会に誘っている。
ふ5
ふ6
「ふ」の最後はF高の生徒 都立病院の総婦長?をしていたが遂に卒業、今度は公社職員となった。
ふ1