今日は日曜日、工事の邪魔にならないだろうと風の松原へ。
すぐ散策を始めるはずが、途中でカーナビの電話装置が作動していないことに気付いてセットのやり直し。しかしカーナビの電話装置は作動しない。時間切れで、そのままにして松林に入る。
IMG_1546
雪が降ると松林が良く見える
IMG_1547
IMG_1549
クロマツ林の間に自生したケヤキの脇に散策者が歩いて踏み固められた小径がある。
ここまできても作業が始まった様子は見られない。
IMG_1551
まるでモノクロ写真の世界
IMG_1552
健康づくりのみち№2に向かう写真には足跡が見えるが、
IMG_1554
あづまやに向かう小径には踏み固められた足跡は見られなかった。黄色いハチマキは伐採予定の被害木クロマツ。
IMG_1555
このあづまやは夏でもあまり利用されていない。雑木が立ち込めすぎている。
IMG_1556
その回りにはクロマツ被害木ではない、ニセアカシアの倒木が多いが、
IMG_1557
IMG_1558
これらの倒木はクロマツ被害木ではないので、今回の伐採の対象ではない。このように、入口のきれいなクロマツ林の外側に対し、林の内側は瀕死の状態になりつつある。その様子は雪が降ると一番良くわかる。
IMG_1560