今日は女子マラソンを見ながら(実際は聞きながら)アンケートを集計中。
アンケート集計用紙


アンケートの文書は
アンケートの文書
回答はこいうことになる
模範回答
年代「7」は66歳から70歳まで、「8期目」ということは40歳代から民生委員をしていた人、3つの自治会を担当し、担当地区には250~300世帯の方々が住んでいる。その中にひとり暮らし世帯の方が41~50人、高齢者のみ2人または3人暮らし世帯の方が31~40世帯住んでいるということになる。
 ところが次のような回答が多い。回答欄⑧は、ひとり暮らしの世帯や高齢者だけの世帯が80世帯以上いる場合に書いてもらうための欄なのだが、聞き込んでしまうのだ。これは書き過ぎただけで集計には問題ない。
回答0
ところが、次のような例が多いのだ。
回答1
回答2
こういう場合はどう判断すればいいのか?

記入者はどちらも⑦。66歳から70歳までの人だ。「7」のイかロの質問を勘違いしているのだが、青字回答の場合、世帯数が「⑦」とあるのは300軒以上の世帯を担当していることになる。

私の地区では区域内に何世帯住んでいるのかという調査をしたことがないので不明だが、300世帯以上というのは滅多にいないと思う。イとロの高齢者世帯を足した場合は174世帯となる。私の地区はこれも最高が111世帯、102世帯、102世帯、100世帯と4人の民生委員だけだから、23人の地区担当民生委員の中で4人だけ。174という数字も疑いたくなってしまう。