1月最後のブログで、昔、秋田さきがけ新報に連載された「魂の鎮魂歌」を紹介を始めた。
今日はその 46~50(最終回)を紹介する。


第46回は<世界難民の日> 「百姓の嘆き」を熱唱
tyusei_046

第47回 <交友の輪> 幸せをしみじみ実感
第48回 <間宮芳生先生> 有意義な「刻」を共に
第49回 <菅江真澄> わが先祖、会ったかも
第50回 <人生の旅> 「ひたすら生きたい」