昨日の「願はくば花のもとにて」という文が日経新聞のどこに掲載されていたかも不明なので、今朝一番にローソンへ。
新聞売りの棚を見ると秋田魁など他の新聞はいっぱい詰まっていたが、日本経済新聞は1部だけ入っていたので買い求めた。180円だった。高い。その1面下には「春秋」というブログコーナー。ここだなと思った。
 家に戻ってパソコンで「日本経済新聞」を検索。表紙ページの<オピニオン>欄から「春秋」欄に進む。昨日の「春秋」をクリックすると
日経20190317春秋
たしかに「願はくは花のしたにて春死なん」だ。
そこで数年ぶりに岩波版「日本古典文学大系」(昭和42年9月発行第9刷)の『新古今和歌集』を開くが「ねがはくは・・・」の歌はない。
DSC_1647

同じ体系本の『山家集 古今和歌集』32ページにこの歌が載っていた。
山家集

同じく岩波版の「新日本古典文学大系」(1992年1月20日第1刷)のなかの『新古今和歌集』を開く。
新古今
とあった。下注を読むと、「花のもとにて」と私や千葉の友人が知っている詠み方をしているのは2種しかないことになっている。なぜだろう。