ようやく「華の下にて」(内田康夫)を読み終えた。「花」のモデルは荘川桜だった。
3月17日「願はくははなのもとにて」、3月18日 日経新聞「春秋」から、3月19日「花のもとにて」「花のしたにて」再考、3月25日華の下にて 内田康夫 と関連した記事を書いてきた。小説「華の下にて」の冒頭部分は3月19日に引用したが、ようやく読了した。この小説の半分程までは前に読んだ記憶があったが、後半部分は前回読んだ記憶がない。

この小説の最初と最後の舞台は荘川桜 行ったことがないのでインターネットから画像を借用した。
例年の満開はゴールデンウイークの時期になる。電源開発の荘川桜コラムはこちら。
荘川桜1
荘川桜2
荘川桜の紹介文は、「学研グラフィク百科 週刊日本の樹木04」(2006.10.12)から引用
荘川桜1
荘川桜2
荘川桜3
荘川桜3-2
以上の予備知識を身につけた上で「華の下にて」の最後のページを紹介する。
Image0050_2