今日の目標は昨日立て札を見た、エナジアムパークに抜ける小径を確認すること。散策路の造成も疑問な場所だが、特に「車止め敷」が必要な場所かどうかを確認すること。
昨日のブログにこの立て札の場所まで来たことを書いたので、そこまでは省略。池のほとりからこの立て札の場所までは22分を要した。
IMG_2895
IMG_2896
ここからエナジアムパークに向かう小径に入る
IMG_2897
回りに大きな枯れ葉がたくさん散らばったカシワの木があった。
IMG_2902
IMG_2900
更に小径を進むとタンポポではない外来種の花が群生した場所があった。朝が早いから花が開いていないのだろう。
IMG_2905
道端にフキが生えた場所が1箇所
IMG_2907
ニセアカシアが新芽を出し始めていた
IMG_2908
港湾道路を走る車が見えた
IMG_2909
ここが出口だった
IMG_2910
IMG_2911
エナジアムパークに入る車が次々と左折して入って行く。先ほどの立て看板からここまでの所要時間は6分。何枚も写真を撮しながらきたから、たいした距離ではない。200m位か。
IMG_2912
振り返って今出てきたばかりの場所を撮影
IMG_2914
南側には風車の列も見える
IMG_2916
ここから引き返す。こんな施設があるのに車止めの必要性を感じない。
IMG_2917
小径の幅は狭い。散策路を作るとすれば、除伐するクロマツの本数も増える。
IMG_2918
丸太を利用した古い鳥の巣箱?があった
IMG_2920
IMG_2921
午後からエナジアムパークに作品展を見に行ったあとに入ってみたら、まだクロマツの木に結んだままの年代物の巣箱があった。
IMG_2965
来た時には気付かなかったが、高低差がある
IMG_2922
今はこの小径を歩く人はいないのではないかと感じた。立て看板の裏側
IMG_2929