新・風の松原を歩く

PC版では、2017年5月までの「ブログ 風の松原を歩く」も表示したまま、画像を沢山表示できるように、またスマホからも投稿できるようにした。 名前を「新・風の松原を歩く」とした。 「風の松原」は秋田県能代市の海岸砂防林である。

2018年09月

心配されていた天候も回復し、無事おなごりフェスティバル2018が行われた。出かける時は折りたたみ傘も必要なかった。今年はスタート地点近くで見物した。続きを読む

朝から先日の会議のテープ起こし作業?をしていて気付いたら昼を過ぎていた。外に出て見ると曇り空

続きを読む

能代公園内の松風庵向入口前に大きな頌徳碑が建っている。その碑文を説明した記事が北羽新報に掲載された。

続きを読む

午前0:20 能代市に豪雨予報が出ました。続きを読む

明日、おなごりフェスティバル2018が開催される。ほかの土地のお祭りなどを見に行くときはインターネットで検索して、チラシなどを印刷して持参するように努めている。ところがおなごりフェスティバル2018のチラシを捜してもなかなか見つからない。それでは自分でやってみよう。

ここ数年は天候に恵まれていたが、今年はどうだろうか。「雨のち曇り」の予報だが。
続きを読む

今日は久しぶりにジョギングコース6㎞全部を歩いた。最初に下浜方面に向かったので100mごとに立てられている標識の番号からすれば「逆回り」ということになる。続きを読む

今朝も陸上競技場脇からスタート。最初に5日朝の台風で倒れた案内板を確かめたら、無い。続きを読む

今朝から何度か気象情報でスマホが鳴った。ほとんどが不発だったので気にしなくなった午後4時過ぎの時に、急にザーと降った。続きを読む

今日街を歩いたら、照明器具?がおかれていた。今夜道路工事をするのか? いやおなごりフェスティバルの準備だった。続きを読む

今朝、小径を歩いたが、小径にもニセアカシアが倒れていて迂回するように小径が出来つつあった。続きを読む

昨日市役所に出かけた時、市民ギャラリーでMOA美術展の作品を展示していた。

続きを読む

陸上競技場前から入ろうとするといつもと風景が異なる。続きを読む

台風に関する警報が午前4時に解除されていたので、風の松原へ。長慶寺脇の大森稲荷神社鳥居から入ると先が見えない。車道を通れないのだ。続きを読む

今日、能代高校東京同窓会から会報『松陵健児 第28号』が届きました。以前、何年か続けて東京同窓会に出席したことがあるので、毎年送付していただいております。


続きを読む

午後10時を過ぎ、台風21号は秋田県沖を通過中。続きを読む

台風21号の動きが速くなり、NHKは台風情報だけを報じている。明朝6時には北海道に行っているようだ。台風に備えて私がやったことといえば、草花の引っ越しだけ。

続きを読む

今朝は台風情報が流れていたが、風の松原は良い天気。昨朝よりも暑そうだ。

続きを読む

午後から会合で中央公民館へ。なぜか駐車場がほぼ満車。何の行事があるのだろう?続きを読む

今月1日の北羽新報に、第19回IARU世界選手権大会に能代高校の生徒3人がすることが報じられている。競技は昨日9月2日から7日まで韓国で行われている。この様子は今月22日開かれる能代高校同窓会総会で、引率した顧問の先生から報告される。

続きを読む

能代高校の伝統行事「十里強歩」は今年は9月1日(土)深夜から2日朝にかけて行われた。その様子を北羽新報で報じていた。


続きを読む

昨日に続き今日も歩くタイムの時間を測定。昨日はそよ風で涼しかったので、2回タイムを計ってもそんなに汗をかかなかったが、今日は台風の前なのに直射日光が強く入り込む天気。
続きを読む

今日、9月2日夜6時から「ちびまる子ちゃん」のテレビ放映があり、私も見た。そのためMr.サンデーでもニュースになった。インターネットでも報じられた。続きを読む

今朝は能代高校の十里強歩の日。私は久しぶりに2キロのトリムランニングコースでタイムを計ってみた。1年ぶりくらいか? スマホのストップウオッチの使い方も忘れていたので、最初は時間が掛かった。続きを読む

これまで「退職公務員新聞」を配達する側だったが、幹事を退いて新聞を受け取る側になって、始めて新聞をゆっくり読むようになった。続きを読む

先月のアクセス数は

続きを読む

今朝、風の松原に行く前に郵便局へ。局前のポストに定形封筒を入れてふと局舎の玄関を見ると、チョークで書いた「みまもりサービス」の看板。続きを読む

陸上競技場脇から風の松原に入ろうとした時、先日「この花の名前は?」というブログを書いたことを思い出した。続きを読む

先月29日の「全体研修会」で配布されたチラシに「第二回 能代おもしろ映画祭り」というのがあった。将来は「映画祭り」から「映画祭」にしようという意図があるのだろうか。続きを読む

↑このページのトップヘ