新・風の松原を歩く

PC版では、2017年5月までの「ブログ 風の松原を歩く」も表示したまま、画像を沢山表示できるように、またスマホからも投稿できるようにした。 名前を「新・風の松原を歩く」とした。 「風の松原」は秋田県能代市の海岸砂防林である。

2019年06月

日中は細かい書類や数字を相手の作業をしていたので、夕方5時近くに風の松原へ。夕方風の松原を歩くのは昨日に続いて2日目。ラジオは「5時だっちゃ」というNHK仙台放送局の番組を放送していて楽しく聞いた。

続きを読む

6月12日夕方、風の松原いこいの広場の稲荷神社側で太いクロマツが地上5m付近で折れているのが見つかった。下草が刈り取られた後だった。私達が作業のために通った11日午前中はまだ下草刈りも行われていなかった場所だから、折れたのは12日午前中の可能性が高い。続きを読む

スマホの「メッセージ」(電話番号で連絡できるSNS)にキツネノボタンという語が残っていた。その前の「メッセージ」に入っていた語は「ブタナ」だった。花などの植物名を聞いた時にとっさに記録する方法である。昨日の下草刈り作業が終わって現場からいこいの広場に戻る途中で教えてもらった花の名前はいくつもあったが、記録できたのはこの名前だけである。
続きを読む

6月8日に友人宅を訪問、帰りに玄関前に飾ってあった花を撮影し、「この花は?」と投稿したところ、東京に住んでいる教え子から「オキザリス・トライアングリラス」ですとメールが届いた。彼女は今月15日の同級会には出られないのだそうだ。一昨年の仙台での同級会では会っている。続きを読む

能代は今日も雨が降らなかった。朝、草取り作業中はポツリときたかも知れないが、雨具着用で作業をしたのでわからなかった。朝5:45の気温は18℃。
今日も能代では結局夜まで雨が降らなかった。

続きを読む

昨日、サンピノにいったときに「こどもスキルアップ体操教室」というチラシを目にした。発行は「のしろ若者自立支援機構」 このチラシは今年度の能代市市民まちづくり活動支援事業補助金を活用しているのだそうだ。

続きを読む

我が家ではコスモスの種を蒔くのは6月下旬から7月始めと決めている。しかし、玄関の敷石の間からコスモスが芽を出すようになった。続きを読む

今日の北羽新報に5月の気象データが発表されていたことを忘れていました。温暖化現象がハッキリしました。今年は家の庭の花をほとんど撮していませんでしたが、気付かないうちにほとんどのバラが咲いていました。こんなに早いことにビックリしました。続きを読む

会の見出しをタイトルにできないような長いタイトルの会が行われる。チラシのタイトルは
日本の森林環境、林業・木材産業の可能性を考える!!
 ~行政中枢、木質化第一線者と能代の対話~

講演①のタイトルは
「日本の森林環境の需要性と林業・木材産業について」
講師:小島孝文(林野庁 東北森林管理局長)

講演②のタイトルは
「まちの細部と都市の風景~市街地木質化の可能性~」
講師:小杉栄次郎(秋田公立美術大学教授)

司会 秋田県立大学木材高度加工研究所 林 知行 所長


続きを読む

31日夕方に封筒が完成してから毎日数通ずつ配達してきた。今朝は近くの郵便局が開いたので20通を郵送した。
土日に本局で郵送を依頼すると切手ではなく受付印を印刷した紙を貼られるだけだ。それはいやなので郵便局でシール式の切手(今回は「はらぺこいもむし」)を購入し、カウンターでそのまま貼っていたら「おはようございます」と声を掛けられた。何気なしに「おはようございます」と返事してから顔を見ると郵便局長と同級生、しかも私のクラスの生徒だった。
続きを読む

今日は全国植樹祭のニュースが報じられていた。旧合川町の北欧の杜公園で全国植樹祭が行われたのは平成20年(2008)6月15日だった。私達の「風の松原に守られる人々の会」が表彰されたので私も参加した。早朝に能代港5000トン岸壁のバス発着所に集合、小雨の中で式典や植林が行われた。天皇陛下が臨席する会なので、雨が降っていても傘は禁止。続きを読む

今日の天声人語に、第二次大戦末期に「新選・夏の七草」として発表されたものの中にヒメジョオンが載っていたと紹介している。
ヒメジョオンは風の松原のあちこちで咲き乱れている。雑草だと思っていたから写真にはほとんど撮っていなかった。似た花にハルジオンがある。
続きを読む

↑このページのトップヘ