新・風の松原を歩く

PC版では、2017年5月までの「ブログ 風の松原を歩く」も表示したまま、画像を沢山表示できるように、またスマホからも投稿できるようにした。 名前を「新・風の松原を歩く」とした。 「風の松原」は秋田県能代市の海岸砂防林である。

2019年10月

午後からは能代松陽高校へ。風の松原のことを話してくれと言われていたが、活動の正式名称は何だったのかな?続きを読む

朝の散歩に代わって巨濤会や北親会の資料配達に歩いた。1時間40分。12,000歩だった。
続きを読む

10月10日は昔は体育の日、東京オリンピックを記念した日だった。今年も天気がいい。10月10日は八幡平の大沼付近が紅葉のピーク。これまで何年も大沼に通った。今年は無理だが。
続きを読む

夕方、今日の会議で決まったことを伝えるためにサンピノへ行った。1階フロアでフォト白神の写真展が開かれていた。この写真展の代表者も中学同期生。今度、写真のことでお願いしなければならないことがあるから見に行こう。続きを読む

夕方自宅に戻って来たら、家内が「13日のノルディックウオーキングが中止になったと連絡が来た」と話していた。それは続きを読む

今日は定例会で中央公民館へ。同じ建物の中にある文化会館中ホールにはこんな看板が立っていた。続きを読む

お知らせや報告書の配達に回ったが風が強かった。書類配達に回った家ではコスモスなどが倒れている家もあった。続きを読む

今日、同級生から華道展のご案内をいただいた。小学校と中学校の同級生。プラザ都に出掛けた時は必ず生け花の写真を撮影しているのはその人の花が活けられているからだ。
よく見るとこの展覧会?展示会?は11月3日と4日だった。
続きを読む

もう寝ようと思っていたら、またスマホが鳴った。また豪雨予報だった。続きを読む

昨日の秋田県高校軟式野球秋季大会は、決勝で惜敗した。

続きを読む

今日は豪雨予報が出た。続きを読む

今日の北羽新報に「ふるさと談義なごやかに」というタイトルの記事が載っていたので紹介する。
北羽新報社東京支社発の「首都圏ねっと」だ。
続きを読む

今日の仕事のメドが立ってから北羽新報を開いたら、能代高校生の活躍の記事が2つ載っていた。1つは軟式野球の記事。もう1つはARDFの記事。

続きを読む

10月から郵便料金も値上げ。先日「巨濤会」を開き、その報告書の発送に取りかかった。昨年のをみると、会が終わってから報告書の発送まで1ヵ月掛かっていた。終わった行事だから、「アレを終えてから」「これが終わってからやろう」と思ってしまうからズルズルと延びるのだ。今年は早く終えてしまおう。続きを読む

昨日巨濤会を開いた時、乾杯の発声をしてくれた人が「会に出席する前にアルバムを開いて集合写真を見てきた」と言っていたので、その写真を見せてもらいに行って来た。続きを読む

午前中にいとく南店に出掛けたら、街頭募金をしている人たちがいた。続きを読む

昨日からキンモクセイが散り始めていたが、今朝地面を見るとオレンジ色の小さいつぶつぶがギッシリ散らばっていた。続きを読む

今日は巨濤会。能代高校の校歌の中の言葉を会の名称にしている。能代高校で勤務した教職員で定年退職した人たちの集まりだ。続きを読む

10月5日、6日は色々なお祭りが行われる。産業フェアもこの時。続きを読む

公民館に行き、予定表を見たら、なんと今日が公民館祭。

続きを読む

お昼前に郵便受けをのぞいたらハガキが3枚入っていた。1枚は友人O氏が私に出したハガキ。2枚目はその葉書と一緒に輪ゴムで1つにくくられた「料金不足のお知らせ」。3枚目は昨日の夕方、そのO氏に充てて私が出したハガキ。私は能代郵便局前のポストから投函した。
続きを読む

今日は夜になってからの会合。自宅で採れたアケビやザクロを持ってきた人がいた。

続きを読む

今日の会議で能代市社会福祉大会のチラシをいただいた。毎年この会には出席しているが、こういうチラシを見たのは今回が初めてだ。


続きを読む

午後から会議でサンピノへ。1階フロアでは「サンピノ祭」の準備中だった。続きを読む

今日、市内を買い物していたら渟美会展のポスターが貼ってあった。続きを読む

昨日はいわばお客様として赤い羽根をつけてもらったのだったが、今日は共同募金運営委員として「街頭募金」活動。続きを読む

キンモクセイ この花の名前をなかなか覚えられない。先日ブログに掲載したばかりだというのに、今朝ラジオで、「関東地方のキンモクセイの開花が遅れている」と報じていたのに、また名前を忘れていた。続きを読む

長崎の百円ショップの帰り、ビックの方を見ると赤い羽根の黄色い半纏(はんてん)を着ている姿がチラリと見えた。そういえば今日から赤い羽根募金が始まったのだ。続きを読む

2019年9月アクセス数

続きを読む

↑このページのトップヘ