今年の日帰り研修は秋田市にある国際教養大学の図書館見学と中央シルバーエリア訪問。
image

image

国際教養大学図書館見学
image

図書館までの道も感じがいい
DSC_1585

図書館職員から大学の概要説明・図書館の説明を受ける
DSC_1593

図書館入口には中嶋嶺雄初代学長の胸像
DSC_1595

DSC_1604

DSC_1606

これは国際教養大学のコマーシャル
DSC_1618

IMG_0030

パソコンを自由に使える部屋には
IMG_0045

こんなプレート キッコーマンが寄付した施設
IMG_0046

次は中央シルバーエリア訪問です。
IMG_0066

講座名は「福祉用具にふれてみよう講座」 まず車椅子やベッドがある部屋で説明
IMG_0069

image

このベッドは3モーターで高くすることも背中をたてることも可能
IMG_0083

この講座は15人位で来るのが適切な人数だと思った。今日は23人、ちょっと多すぎたか。
DSC_1628

車椅子に座っていたのも民生委員だったが今度はその車椅子の説明。
白いパイプの車椅子は従来型、すべてが溶接されている。我が家の車椅子もこのタイプ。母の介護のために購入した。次はまもなく私が使用することになるのでしまってある。今日の説明を聞いていてレンタルにすればよかったと後悔している。母が利用した頃は、ベッドと歩行器はレンタルだったが、それ以外はほとんど買い取りだったかな。
IMG_0086

隣の黒い車椅子は部品を、タイヤに至るまで取り外しが出来る。
IMG_0087

介護する人がいない場合でも、片方のアームを外して、スベる板やスベるシートを使って自分でベッドから車椅子に移動することが可能。
IMG_0091

スベる布(シート)は袋状になっている外側は滑らず、内側だけがスベるようになっていた。
IMG_0093

介護する人がいない場合でも、スベる板やスベるシートを使って自分でベッドから車椅子に移動することが可能。
DSC_1634

続いて住宅や浴室等の説明。玄関の2枚戸を3枚戸に変えたり、階段の構造を変えたりで介護に役立つことがたくさんある。退職間近に自宅を新築する場合が多いが、これからの高齢社会では新築前に必見の場所だと思った、これからでは宝くじが当たらないとどうにもならないが。写真は3枚戸の玄関。
IMG_0096

階段のこの部分は26センチが標準だが31センチを提案していた。
IMG_0098

このほか浴室の説明、福祉用具の説明など多岐に亘ったので紹介しきれない。
とにかく健康なうちに一度ここにきて説明を聞いてみることが一番だ 。
IMG_0106

この写真には箸、スプーン、湯飲みを始め、工夫を凝らした品々がたくさん揃っている。
IMG_0108

県北・県南にもシルバーエリアがあるが、そこに福祉用品が揃っているかどうか聞き漏らした。
能代市では、ここで扱っていますよというプリントもあったが、読めるだろうか。
IMG_0119

福祉用品取扱

アザラシのなんとかちゃんの説明 ロボットなのだが、説明者の小野さんが話しかけるとちゃんと反応する。このアザラシロボットもレンタル出来る時代が来るといいのだが。
IMG_0126

IMG_0129_2

IMG_0131

ここ「中央シルバーエリア」はイオン御所野店の斜め向かいにある。
イオンに買い物に行った帰りに立ち寄ったことがあったが、ひとりで眺めていてもよくわからなかった。
今日小野さんの説明を聞いて、中央シルバーエリアで、この研修会を実施して参考になることが多かった。

お昼はさくらさくら。画像は? バスの中から撮した画像はあったが、12時半を過ぎていたので
IMG_0142

食べるのに夢中で写真を撮る余裕はなかった。

最後はブルーメッセで休憩。天気はすっかり良くなっていた。
image

6月の花は何といっても紫陽花。
image

image

DSC_1658

DSC_1659

DSC_1660

DSC_1661

ハイビスカスは夏を感じさせる花だ
DSC_1664

image

能代中央公民館到着は午後5時ちょうど。皆さん充実した研修を終えて満足して帰った。高齢者宅を訪問した時の話題が増えたことと思う。
IMG_0164