今朝の朝日新聞に鶴見俊輔の記事が載っていた。なつかしかった。読んで行くと私と同じ時代?
DSC_1855
高校3年の時に能代高校にも来ていた。といっても学校が講演会を開いたのではない。「思想の科学」の同人? 担任だった白鳥邦夫先生が呼んで、或る日の放課後、生物室か化学室か、理科室の四角いテーブルを囲んでの座談会?だった。お客様は1人ではなかったから、安田武氏も一緒に来たのではないかと思う。
別のページには
DSC_1857
こういう記事ものっていた。
オサラギジロウ。
鶴見俊輔は小柄な人だった。
「ベヘイレン」など懐かしい言葉が並ぶ。
昨日の、暖簾に腕押しのようなつまらない会議のことなど、すっかり消えて、60年前に引き戻されてしまった。