今年の「年賀状のことば」最終回はこの先輩とした。今年満80歳になったから最終回にするのだそうだ。
前野2020
集会参加ができれば一番よいのだが、参加するためには他の会合を犠牲にする必要があったりする。63円で安否確認ができるのだからまだまだ続けてほしいものだが。
この先輩は「ガリ切り」が上手で読みやすい文字だった。その文字は紹介できないのは残念だ。絵を描いているのは息子さん。その絵も年々変化している。

私が保存している一番古いのは1998年
前野1998
続いて2002年
前野2002
2003年
前野2003
2004年
前野2004
2005年
前野2005
2006年
前野2006
2007年
前野2007
2008年
前野2008
2010年
前野2010
1012年
前野2012
2013年
前野2013
2014
前野2014
2016年
前野2016
2017年
前野2017
2018年
前野2018
2019年
前野2019
来年年賀状を出せば、どのような反応があるか? 試してみたい。