写真を整理していたらベストの写真があちこちにあったので、「民生委員が活動時に着用すべきベストな<ベスト>はどれか?」を考えてみました。
最初は東京都の大会関係者が着用していたベスト
DSC_2596

IMG_4938
IMG_4939

このベストは、全国から集まった民生委員がよく知っているマークを大きく印刷しており、大会では役立ったのだが、普段の活動では、高齢者がベストの背中を見た場合は、あまり理解できないと思った。

次は北九州のある市のジャンパー。ここはベストではなくジャンパーだった。夏の活動時にジャンパー着用は無視、そこで「胸のデザインを撮影させてください」とは言えなかった。
image

木更津市 ここは胸には民生委員のマーク、真ん中に100周年記念バッチを付けていた。アイデアがいい。来年以降も使える。背中の文字もハッキリしていた。写真ではハッキリわからないが裏にメッシュを使っていて汗ばむ時でも大丈夫。そこで撮影させていただいた。
DSC_2540
DSC_2595

DSC_2593
これを見る高齢者にとっては「協議会」という文字は必要ない感じがした。民生委員や児童委員であることが一目でわかればありがたいと思った。

愛知県
ここはバスで昼食を食べながら待機していた時、となりを通り過ぎたバス。「あのバスは揃いのベストを着ている」とみんなが歓声を上げて見ていた。そこで撮影させてもらった。
IMG_4941
IMG_4942

文字は胸も背中も「AICHI MINJIREN」 アルファベットでは1文字ずつたどって読まなければわからない。「MINJIREN」 は民児連だが、そういう略語では高齢者は無理。これも全国大会では迷子?防止に役立つ?が、普段の活動では役立たないと感じた。

茨城県
茨城県ということはすぐにわかったが、「民生委員児童委員協議会」の文字は小さくて読めない。高齢者にとっては警察官?消防?市役所?と間違えるかもしれない。
これも全国大会出席者用。この写真は遠くから望遠側で撮したもの、あとからは出会わなかったので胸のデザイン不明。今年専用か来年以降も使用可能かも不明。
IMG_4937
これらの<ベスト>を見ると、
背中の文字は、茨城県の大きさがわかりやすい。書く文字は「民生委員」または「民生児童委員」。法律では民生委員と児童委員は別の法律で決められているが、児童福祉法では「民生委員が児童委員を兼ねる」となっている。「民生委員」と「児童委員」を2行に併記する方法でもいいと思う。
胸の文字は片方に民生委員のマーク、もう一方には所属する民児協名を書きたい。