今年度最後の林床改良作業が今日(10月29日(日)午前9時半)から港湾道路入口付近で行われた。
今朝5時前には「雨雲接近」が報じられていた。
Screenshot_2017-10-29-04-50-24
この時には降雨はなかった。
9時半作業開始予定だったので9時15分頃に到着したが、既に数人が準備を進めていた。
IMG_1515
しかも既に30m付近までは作業が終わっていた。
IMG_1517
IMG_1519

ナゼ? と思ったが、聞いてみると「今日の雨を予想したK氏が27日と28日にそれぞれ1時間位ずつ作業した」ということが判った。それでこんなに出来上がっていたのだ。
予想よりも早くみんなが集まったので、9時25分には開会行事。
IMG_1521
IMG_1523
IMG_1526
IMG_1527
それぞれ別れて作業開始
IMG_1537
作業が始まってまもなくカメラマンが呼び出された。キンダケ(シモコシ)が見つかったとい。
IMG_1538
IMG_1539
今日の作業は「松葉掻き」 腐葉土が貯まらないようにするため、松葉を掻き集める作業だ
IMG_1540
20m×100mもあるから作業はまだまだ続く
IMG_1542
9時55分頃には50m付近にある看板まで到達した
IMG_1546
更に新しい山が出来た
IMG_1554
IMG_1559
IMG_1562

100m地点まで終了 (100m地点には赤いリボンを巻きつけている)
IMG_1567
またまたキンダケ発見の声
IMG_1568
今日のキンダケは3個 ショウロ1個
IMG_1573
作業終了のあいさつ 10:50
IMG_1574
IMG_1575
IMG_1577
しかし終了直前には雨がポツリ。雨雲レーダーは
Screenshot_2017-10-29-10-39-45

今日は18名の参加
その後場所を変えて昼食会
昼食会が始まった11:30過ぎには降り始めていた
Screenshot_2017-10-29-11-33-05

IMG_1590
そのあと会長さんが新しい情報を披露
IMG_1591
その情報とは、現在、風の松原では、松原内での定期的な作業を中心とする「風の松原に守られる人々の会」、風の松原を訪れた人たちに松原の説明を担当している「風の松原ガイドの会」、4月の風の松原ボランティア大会を主催している「風の松原の再生と共に歩む会」の3つが活動しているが、「その3団体が協働して使用出来る施設(道具置き場、休憩室等)を県の補助金等を活用して市役所がいこいの広場内に作ることが決定した」というものだった。
出来るだけ早く完成することを期待しよう。

翌日の北羽新報1面ではこのように報じられていた。
臨床改良1029