先日10日、前日に引き続き、能代市林業木材振興課に行ったが、前日以上に詳しいことは不明。ほかに松原サミットについてわかる部署がないか伺ったら、「市史編さん室に行けば何かわかるかもしれない」 というので、そこに向かう。

                                                                                                                                                                                                                            
以前、「市史編さん室は旧第1庁舎の2階に引っ越した」と聞いたことがあったが、新しい案内板には載っていない。旧第1庁舎2階の西端の場所は、確かに副市長室の隣りに黒っぽく塗られて残っている。名前は書かれていない。
とにかくその場所に行ってみた。扉の前には白い紙にワープロ印刷で「市史編さん室」と書いた紙が貼り付けてあったが、その後ろのガラスには「書庫」という文字がみえる。

とにかく事情を話してこれまで入手した新聞のコピーを示し「松原サミット」について調べてもらった。
平成5年の新聞記事を読んでいた人が、松原サミットの正式名称が 「松原友好市町交流会議」 であることに注目、さらに平成5年が 「第7回」 であったから、私がハマナス展望台で見た標柱に 「第16回」 とあったから、それは平成14年のことだろうと推測し、「広報のしろ」 のバックナンバーを調べ始めた。そうしたら見つかったのだ。
Image0015
しかも2002年10月24日号の表紙に10月17日と18日に行われたことが書いてあった。そこでそのまま市立図書館に直行。北羽新報2002年10月18日の記事は
Image0014
(その3)に掲載した、はまなす展望台前の記念植樹は平成14年10月のものでした。
市史編さん室の皆様ありがとうございました。