昨日、大開浜国有林を歩いたが、昨日の北羽新報に「風の松原ガイド養成講座」の開講案内が載っていた。
その新聞切り抜きは
ガイド講座
講座内容を見るとわずか3回。そこで最初に能代市が担当して「風の松原ガイド養成講座」が実施された時のことを思い出した。
 その内容は、「風の松原案内」というホームページに掲載されている。
そのホームページを開くと左側に目次がたくさん並んでいる。その下から4つめに「松原ガイド養成講座」というバナーがある。そこをクリックすると講座が11回にわたって行われたことと、その内容の大部分がわかる。昨日出かけた大開浜国有林の様子もわかる。(第6回目の講座)2006年の講座および写真だ。立て看板なども今より新しかった。10年の時の流れを感じる。