私も1月7日のブログ「年賀状のことば・スタイル(3)」に、< まだ「卒業」を認定出来ないので、もう一回り頑張ってほしい >と書いた年賀状があったが、昨日の朝日新聞の投書欄にも同じ趣旨の投書があった。
これは1月14日朝日新聞12版の6面。
DSC_8352
その記事をスキャンして紹介したいのだが、カメラでアップして撮影したら、ちょうど画面下に「▇ 無断転載を禁止します」と表示されたので遠慮した。

 投書のタイトルは、 年賀状「卒業」はもう少し先に 81歳の人の投書である。
内容は
 一昨年暮れに出した年賀状に「傘寿を機に年賀状学校は卒業させていただきます。◯◯様とのご縁は・・・ と記しました。
 でも今年、教員時代の先輩同僚から「91歳になります。どうにか元気に新年を迎えました」「同年同士がんばろう」など、励ましの・・・、元校長からは「単位不足で卒業は認められない」との・・

私も来年はこんなことばを考えよう。でもそれまで覚えているかなあ。