昨日午後4時過ぎから能代市に暴風雪警報が発令になり、夜中にかなり強い風が吹いて、今朝も雪運びに追われていた。この冬の雪運び6日目だ。郵便配達が来たので作業を終了し、玄関で郵便物の開封。
熊平製作所からの「抜萃のつゞり」が送られてきたのだった。
DSC_8854
昔、学校に勤務し図書館を担当していた頃は、司書から「こういう本が送られてきましたが・・・」と見せられていたが、自分で注文するようになったのは平成26年の「その七十三」から。
その年、ラジオを聞きながら風の松原を歩いていた時に「抜萃のつゞり」のことを聞いてハガキを出したのだった。それ以来毎年、1月29日に届いている。
IMG_20180129_104703
今年の最初の文章は山中伸弥氏の 「塞翁が馬」「おかげさま」という文章。平成29年7月16日の毎日新聞福祉医療面「走り続けて」から。
最近、iPS細胞の偽論文のことで山中伸弥氏が謝罪しているニュースをテレビで見たが、ネットニュースを見ていると、あの謝罪以降、かえって山中氏の人気が高まっているという。それは山中伸弥氏の生き方が、この「塞翁が馬」「おかげさま」の文章に書かれている通りだからだろうと感じた。