昨日は「世界」を冠した桜並木を見たから、今日は「日本」を冠した「日本国花苑」へ。
DSC_0003
DSC_0004

坂を上ると「日本国花苑」の看板 この看板を見るのは何年ぶりだろう。ここに到着する時刻が遅く、誘導された駐車場が普段は係の人たちが駐車する場所だったことが幸いした。
DSC_0008
国花苑には毎年来ている。ここには様々な種類の桜の花がある。ソメイヨシノよりも遅咲きの八重桜系統が多い。
そのためこれまではゴールデンウイークが終わってからここに来ていた。4月中にここに来たのは今年が初めて。ほとんどの種類の桜が満開を迎えていた。
DSC_0014
日本国花苑の素晴らしさは、ほとんどの桜の木に名札がついていることだ。
霞桜ももう咲いていた。
DSC_0010
DSC_0011

DSC_0016
DSC_0018
DSC_0019
まだ咲き始めたばかりの木だった。
DSC_0020
名前は「関山」(カンザン) 全体を見終えたあとから考えると、日当たりの良い場所では関山も咲いていたから、この場所は谷になっている場所だったので咲くのが遅れていたのだろう。そういえは国花苑ではソメイヨシノを見ることが少ない。
DSC_0021
DSC_0025
DSC_0026
DSC_0027
DSC_0028
DSC_0029
向かいのラーメン屋で昼食後、今度は正面から入場
DSC_0032
DSC_0034
DSC_0035

詩人野口雨情宅に咲いていたという「有情枝垂れ」
DSC_0036