石川理紀之助の歌碑、嶋田五空の句碑、石田三千丈の句碑に続き、今日は高階梅子の歌碑を紹介する。
高階梅子の歌碑除幕式祝賀会の席上、祝賀スピーチで「この公園に五空、三千丈の句碑が建てられたことは喜ばしいが、歌碑のなかったことを残念に思っていた・・・」と述べた人がいたそうだが、石川理紀之助の歌碑は大正時代に建てられていた。しかし場所が二の丸と呼ばれる場所だったので気がつかなかったのかもしれない。
高階梅子の歌碑が建立されたのは昭和49年8月だった。

4月19日の写真 場所は景林神社の左手
IMG_3906
IMG_3907
刻まれている歌は『日本海の潮鳴たえぬ砂丘にとほしく咲きて紅きはまなす』
永年にわたり県歌壇ならびに能代短歌会の育成指導に尽力した功績で、昭和48年度秋田県芸術文化功労章を受章したことを記念して能代短歌会が建立した。
4月28日の写真
IMG_4230
IMG_4231
5月7日の写真
IMG_4355
IMG_4356
5月14日の写真 能代一中を左手にしてこのアスファルト道路を景林神社に上って行く 左手に小径がある
IMG_4610
太陽が出ていると撮影が難しい
IMG_4611
裏面にはこのように書かれている
IMG_4612
IMG_4613