新・風の松原を歩く

PC版では、2017年5月までの「ブログ 風の松原を歩く」も表示したまま、画像を沢山表示できるように、またスマホからも投稿できるようにした。 名前を「新・風の松原を歩く」とした。 「風の松原」は秋田県能代市の海岸砂防林である。

大高孝雄君の画業

先日、大高孝雄氏と電話で話していて、「11日の北羽新報を見たか」と言われ、見ていなかったことに気付いた。その日は秋季秋田県高校野球の組合せをブログに載せていたが、その裏側の紙面は読んでいなかった。続きを読む

(5月1日)アトリエY展が始まったので見に行った。会期は3日までの3日間だそうだ。
場所はプラザ都だと聞いていたが、いつも小品展を開くエレベータの周りではなかった。
外から入る階段があるが、その階段前に立看板が出ていた。
(夕方大高君から電話あり、
「絵の額からガラスを全部外して見やすくなったので明日また見に来てはどうか」
そこで、2日午前中にもう一度行ってみた。)

2018年11月18日の「アトリエY展」はこちら
2017年11月11日の「アトリエY展」はこちら
続きを読む

昨日1日、イオンに行った時、渟美会展がそろそろ行われるころだと思って3階のイオンホールまで行ってみたがやっていなかった。今朝の北羽新報には「絵画・渟美会 冬の小品展」能代市柳町のプラザ都で。の記事が載っていた。記事によると、渟美会は昭和16年に能代山本の愛好者で発足し、現在は会員24名。春、夏、秋の3回、定期展を開催しているとのこと。この会の会長は大高孝雄君だとも書いてあった。続きを読む

イオン三階のイオンホールに渟美会「花展」を見にいった。役員改選が行われてから初めての展覧会だった。
大高孝雄君の絵画については。右側の<カテゴリー>欄にある「大高孝雄君の画業」のほか、昨年5月まで作成していた「ブログ 風の松原案内」の「大高孝雄君の絵画」でも見ることが出来ます。
続きを読む

予定では昨日届いた説明書を読んで書類を作るはずだったが、昨夜届いた説明書を今朝になって読み始めたら、中味が古い。
作成年を見ると2006年。‥‥‥2006を私が勝手に2016と読み違えていたのだ‥‥‥


続きを読む

↑このページのトップヘ