新・風の松原を歩く

PC版では、2017年5月までの「ブログ 風の松原を歩く」も表示したまま、画像を沢山表示できるように、またスマホからも投稿できるようにした。 名前を「新・風の松原を歩く」とした。 「風の松原」は秋田県能代市の海岸砂防林である。

風の松原

夕方、サン・ウッドの向かい側の小径を歩いている時にキジも散策?しているのを見たが、シャッターチャンスは訪れなかった。続きを読む

風の松原では陸上競技場から入って250m、Y字路を曲がる前のウワミズザクラの隣の木、カマツカの白い小さな花が咲き始めていた。続きを読む

この春センダイハギを見たのは5月22日の散策の時にジョギングコース28番地点付近で見たのが初めてだった。23日にアカマツ林の向かい側(十数年前にセンダイハギの群落を見た場所)を歩いたが見つからなかった。それが今日、林床改良作業をした場所の東側に群落を発見した。続きを読む

昨夜飲み会から戻ってきたら「こんばんは成田です。明日の作業は雨の予報のため、24日(金)に延期します。よろしく」というショートメールが届いた。酔って帰ったばかりの私は「エッ、延期するの? 明日のことを考えて飲まないで帰ってきたのに」と答えていた。続きを読む

先日、5/16のブログの最後に、見慣れない自転車が停まっていたので話しかけたら「山椒の葉を採っています」という答えが返ってきた話を書いた。今日も同じ場所に同じ自転車が停まっていた。午後、留守番をしながら先日録画したビデオ「こんなところに一軒家」の5月12日放送分を見ていて理由がわかった。続きを読む

松原に入ろうか公園に行こうかと考えながらこの写真(私の影が写っている写真)を撮っていた時、何やら植物の葉を持って林から出て来た人がいた。何の葉か聞きながら手元を見るとミズの茎のように見えた。
女性「ミズを採ってきました」と言う。
私「私は毎日写真を撮って歩いています。今はウワミズザクラが綺麗です」

女性はウワミズザクラを知らなかったようなので、「ここから300mのところに咲いています。案内します」と言って先に立って歩いた。この女性は毎日スタスタと早足で松原内を歩いている人で、私よりも歩くのが速い。すぐに追いついてきた。

続きを読む

今日風の松原で出会った友人から、たしか「アツモリソウの群落がある」と場所を聞いた。私が十数年前に作成した『風の松原 案内ガイドの手引き』の「風の松原の植物」の春に花を咲かせる種類(5~6月)には、オオアマドコロ、コシャク、カキドオシ、ハルガヤ、ムラサキケマン、スイバ、ヒメスイバ、エゾノギシギシ、マイズルソウ、ヒメオドリコソウが載っているが、アツモリソウは載っていない。続きを読む

今朝はパソコンに向かう仕事をやらないで朝から風の松原へ。しかし早すぎて林の中まで光が入っておらず、写真を撮らずにジョギングコースを歩いた。続きを読む

昨年、一昨年のブログを見たら、一昨年2017年は5月16日に「ウワミズザクラ」の記事があり「今朝、風の松原を歩いたらウワミズザクラが満開でした」と書いてあった。昨年2018年も5月14日に「ウワミズザクラ咲く」の記事があり、あちこちでウワミズザクラが咲いている様子がわかる。続きを読む

今日は朝5時台に風の松原に入ったので、来週14日早朝に行われる林床改良作業の現場を見ておこうと、ロケットセンター入口を目指した。続きを読む

市街地の桜が終わる頃(いこいの広場のソメイヨシノを含め)に松原内、松林内の桜も咲き始める。但し、長慶寺に隣接した林内のカスミザクラや、松原内のウワミズザクラ(きりたんぽのような形をした桜)が咲き始めるのはまだまだ先のことだ。


続きを読む

風の松原を守る市民ボランティア大会が今日4月21日(日)いこいの広場で開会式が行われた。
昨年2018年の様子はこちら
一昨年2017年4月23日の様子はこちら
2016年の様子はこちら
2015年のボランティア大会はこちら
2005年から毎年参加している行事で一度も雨に降られたことがない。ホームページやブログもあるはずなので捜してみよう。その写真はあとから紹介する。2005年から数年は陸上競技場脇で行われていた。
続きを読む

今朝の散策の時にキクザキイチゲの群落を見た。光がないからもう一度明るい時に来ようと思っていたが、昼は雨、気が付いたら午後4時だった。それでも行ってみた。続きを読む

↑このページのトップヘ