新・風の松原を歩く

PC版では、2017年5月までの「ブログ 風の松原を歩く」も表示したまま、画像を沢山表示できるように、またスマホからも投稿できるようにした。 名前を「新・風の松原を歩く」とした。 「風の松原」は秋田県能代市の海岸砂防林である。

日記

「夜の街」といっても歓楽街のことではない。朝に風の松原を歩く機会が減っているので、運動のために午後6時、歩いて連絡に行った。1月末に行う新年会のバス運行計画案を持っていった。鳥小屋の人に行ったのだが、資料を届けてから帰って来る時に、町内の地図があることに気付いた。その案内図を見たら「青葉園」だった。続きを読む

私が属している会は12月が改選期なので、新会員の名刺を作る必要がある。改選期には市役所でも名刺を作ってくれるのだが、これから確認して名刺作成となるので、配られるのは早くて1月になるだろう。しかし新入会員が必要とするのは12月に挨拶回りに行く時だ。最近では100円ショップにも用紙があるのでそこで買った。しかしいとく二階の店では2ケースしかなかった。そこで、能代高校近くの店へ。続きを読む

昨夜だいぶ飲んできたので今朝はゆっくり・・・、と思っていたら、「新聞に載っているよ」というメールが3通あり、起こされてしまった。

続きを読む

最近パソコンに入力していて上手くいかないことが多い。その原因がマウスだと分かり、マウスを新しくした。続きを読む

午前中は行事に出席、その後の幹事会が12時半頃までかかり、欠席した人への資料配達もあったので、しばらくぼーっとしていたが、テレビ欄「試写室」を見ると慰留捜査の2回目のテレビ予告。続きを読む

昨年までは雪が降っても朝に歩いていたのに、外が白いと蒲団に入っていたくなる。今朝もそうだった。続きを読む

昨日の「急に忙しくなった」に「家庭訪問」と書いたが、生徒の家を回ったわけではない。今日もその家庭回り。わずかの間に住んでいる人が替わっていたり、亡くなっていたり。
 9月末にご主人が亡くなっていた家があった。ご夫婦で「どちらが先に亡くなっても葬式はやらない」と決めていて、新聞にお知らせも出さないことにしていたのだという。地元新聞の「おくやみ」欄(市役所が情報を提供している)にも何も書かれていなかったのだ。
 2010年の暑い夏、私が市役所に行った時もそうだった。その受付カウンターにどの新聞に情報を提供するかを示す用紙があったと思うが、私が「いりません」というと、理由を聞かれることもなかった。
続きを読む

今朝、いつも通り起きて新聞を読んでいたが、08:55にきた080-28**という見慣れない電話で、今日の作業は一変した。「今月末までに作業が終了出来るか?」という問合せだった。続きを読む

朝の散策から戻ると、家内が「今日はどこかに行きたい」という。11月のこの天気では、家にいても落ち着かない。午後からは「男女共同参画」の講演会もある。そこで、「道の駅巡り」に。
続きを読む

この記録誌が届いたのは11月18日か19日だったと思う。その日は忙しくてブログに載せることが出来なかった。ここに載せれば、受け取ったことが伝わると思う。続きを読む

今日で資料配達の最後にしようと、まずは郵便局で35通投函、今年は残り15通だけ自分で回る。続きを読む

先日開いた会の報告書を今日中に終えてしまおうと、午後からは写真入りの郵送分を出しながら、運動不足解消を兼ねて、近くの人たちの分を配達に回った。通信料カンパとして送られてきた切手があり、それを貼って発送。続きを読む

今朝5時にメール送信した時に道路を見た時は、雪はなかったと思うが二度寝したあとは庭に白いものがあった。

続きを読む

歩いてサンピノまで行くのは久しぶり。降るとすれば雨ではなく雪だろうから、と歩いて市役所前を進むと、向かい側、昔市役所第5庁舎だったところを取り壊していた。ここは第5庁舎になる前は何だったのだろうか?続きを読む

今日は年に1度の北親会。午後2時の開会、私が到着した13:13には既に先客がいた。今日は雨模様なので、家族から送ってもらってきた人もいたようだ。続きを読む

打ち合わせで9時前にサンピノへ。自動ドアが開いたが中には入れない? 立ち止まってよく見たら「掃除中」の看板だった。続きを読む

昨日秋田に行った時、雨を避けて早めに会場に着いたが、まだ受付前だったので、近くの文学資料館に立ち寄った。
続きを読む

午後から北海道では雪、秋田でも雪の予報が出ているが13:00からの会議で秋田市へ。バスには同じ会議に出る人が4人は乗っていた。続きを読む

午後にサンピノにUSBを取りに行った時、ラジオでは武内陶子の番組で、交感神経と副交感神経の話から90分ほど仕事をしたら気分転換を図る必要があると話していた。そこでそのまま気分転換に風の松原へ。
午後2時から3時の間なのに車がいっぱい駐車していた。
続きを読む

↑このページのトップヘ