新・風の松原を歩く

PC版では、2017年5月までの「ブログ 風の松原を歩く」も表示したまま、画像を沢山表示できるように、またスマホからも投稿できるようにした。 名前を「新・風の松原を歩く」とした。 「風の松原」は秋田県能代市の海岸砂防林である。

日記

お昼に「写真データが届いた」と連絡があり、メールには「今日は仕事納めです。後は来年1月6日になります」と書かれていたので、午後一番に(といってもみちのく銀行に立ち寄ってからだったが)サンピノへ。「命の授業」のポスターが貼ってあった。


続きを読む

ようやく年賀状作成の前半が終了した。今年はこれまでと作り方を変えた。昨年まで29日か30日までかかっていたものが、今年の前半戦は作り方を変えたおかげで早く終了出来たと思う。続きを読む

午後からあづまやがどこまで出来たかを見ようと能代公園へ。前回上ったのは12月8日だ。あれから20日近くなるから、もう出来ていてもよいと思った。最初にこの工事に気付いたのは11月25日、ちょうど一カ月前だった。


続きを読む

今日は自治会の用事で銀行に行って来たが、昨年までの年賀状の整理に明け暮れ、特に記事にするようなことはなかった。ヤマダパンの空き地の宅地造成工事が始まったが、まだ記事にするような画像はない。
家に戻ったら、この冬はシャコバサボテンの記事をまだ一度も書いていないことに気付いた。
続きを読む

朝起きた時からアクセス数は多かった。そこでの様子を調べてみた。アクセスの生ログは朝3時半頃までしかさかのぼることは出来なかったが、今朝は午前3時台に60以上のブログを読んだ人が1人、数回アクセスした人がもう1人いた。午後1時から50以上のブログを読んだ人が1人いた。3時台の人と午後1時台の人とは別人だった。続きを読む

今朝の朝日新聞に鶴見俊輔の記事が載っていた。なつかしかった。読んで行くと私と同じ時代?続きを読む

いとく南店の行き帰りに植木の冬囲いをしているかどうか見て回った。例年向かいのO沼さん宅で植木屋さんが冬囲いをしてから私もまねてやっていたが、今年はO沼さん宅でまだ冬囲いの気配がない。続きを読む

町内子ども会は10時40分からだった。10時10分過ぎに自宅出発、「最短距離で学校へ」と心掛けたが、途中で変わったことがあるとすぐにシャッターを切りたくなる。空き地の前では、「ここには嶋田先生の家があった」「ここには1年先輩の村木さんの家があった」と思い出しながら学校へ。石井さん(佐賀井さん)宅前でチャイムが鳴った。慌てて近道を通って玄関へ。前回までは校長室に集まったが、今回は会議室(2階)が集合場所だったのでまっすぐに会議室へ。続きを読む

サンピノから銀行へ行こうと歩いてゆくと、昔、市の水道局があった建物が解体作業中だった。続きを読む

久しぶりに歩いてサンピノへ。途中で能代郵便局前を通ると同じポスターが何枚も貼られていた。この時期は年賀状のポスターだろうと思ったが、よく見ると違う。続きを読む

12月11日朝、7時過ぎのNHKラジオ「三宅民夫の真剣勝負」は<教員の働き方改革>を取り上げていた。
今はNHKラジオの聞き逃しサービスで、パソコンでも聞くことができる。15分番組だから皆さんも聞いてほしい。12月18日朝まで聞くことが可能だ。
続きを読む

新しく民生委員になった人に配る地図帳「各地区詳細地図」を作っている。先日の定例会で3人分を作って配ったが、まだ欠員が2人いる。その2名分を作っていたら、包括支援センターの案内図が不足したので「本庁地域包括支援センター」にチラシをもらいに行った。続きを読む

午前中に市役所へ。長寿いきがい課の担当者に会い、2月研修会での「説明?」をお願いする。今回は長寿いきがい課、本庁地域包括支援センター、南地域包括支援センターの3人がくることになりそうだ。続きを読む

今日は新しい委員に委嘱状が交付されてから最初の定例会。いつもより早く到着したつもりだったが、既に会場が出来ていた。続きを読む

「夜の街」といっても歓楽街のことではない。朝に風の松原を歩く機会が減っているので、運動のために午後6時、歩いて連絡に行った。1月末に行う新年会のバス運行計画案を持っていった。鳥小屋の人に行ったのだが、資料を届けてから帰って来る時に、町内の地図があることに気付いた。その案内図を見たら「青葉園」だった。続きを読む

私が属している会は12月が改選期なので、新会員の名刺を作る必要がある。改選期には市役所でも名刺を作ってくれるのだが、これから確認して名刺作成となるので、配られるのは早くて1月になるだろう。しかし新入会員が必要とするのは12月に挨拶回りに行く時だ。最近では100円ショップにも用紙があるのでそこで買った。しかしいとく二階の店では2ケースしかなかった。そこで、能代高校近くの店へ。続きを読む

↑このページのトップヘ