新・風の松原を歩く

PC版では、2017年5月までの「ブログ 風の松原を歩く」も表示したまま、画像を沢山表示できるように、またスマホからも投稿できるようにした。 名前を「新・風の松原を歩く」とした。 「風の松原」は秋田県能代市の海岸砂防林である。

新聞記事

11月10日に実施した、風の松原に守られる人々の会主催の会員研修会で木高研所長 林 知行氏の講演内容が今日14日の北羽新報に紹介されていた。続きを読む

6月27日の北羽新報に「自然の散歩道」という月に2~3回掲載される写真による連載が載っていた。今回で128回である。風の松原にある植物の写真が掲載されることが多いので、いつも切り抜いてクリアブックに保存している・続きを読む

昨日6月23日の北羽新報に「松くい虫から松原守る」 「薬剤散布作業始まる」 「27日まで307ヘクタール対象」の見出しの記事が掲載されていた。続きを読む

6月3日(土)の市民おもしろ塾で初の野外講座として 「風の松原の自然を探る」 が計画されたが、当日は雨、そこでサン・ウッドで講座が開かれた。その様子が6月17日の北羽新の記事で紹介された。続きを読む

「風の松原」百年前を旅する-近代測量がはじめてとらえた能代- という柴田裕巳さんの地図入りの一文が北羽新報に掲載されていた。続きを読む

今日6月5日の北羽新報に柴田裕巳さんの原稿が投稿されたので紹介する
タイトルは
   「風の松原」百年前を旅する
     ー近代測量がはじめてとらえた能代ー
柴田裕巳

今日(5月23日)の北羽新報に「クロマツ2本倒れる」の記事が掲載されていた。続きを読む

今朝の林床改良作業から戻って来たら、北羽新報に「クロマツ2本倒れる」の記事が出ていた。
20日朝の出来事だそうだが、私は20日21日とも陸上競技場脇から林内に入ったので気付かなかった。
Image0668
続きを読む

4月23日の市民ボランティア大会の記事が翌日の北羽新報に掲載された。続きを読む

「風の松原に守られる人々の会」総会が4月21日(金)に行われた。その様子が翌日の北羽新報に掲載された。続きを読む

北羽新報(2017.3.26付け)は、「クロマツ植林 難所克服」 「1200本、活着率90%超に」 「コンテナ苗導入が奏功」 の見出しで、大開浜の植林について報じている。続きを読む

北羽新報に 「松くい虫被害木伐採」 「3月までに8613本処理」 の見出しで、米代西部森林管理署が松くい虫の被害木の処理を開始したことが報じられている。続きを読む

ある日FAXが起動した。faxが終わると、まだ印刷も始まらないのにまたベルが鳴った。今度は電話。「今送った記事読んだ?」「マツは凶器となるから全部抜け」と書いてあるよ。続きを読む

国内の代表的な松原を有する自治体が加入する第16回松原友好市町会議(松原サミット)が17日、能代市元町の平安閣で開かれた。続きを読む

平成13年3月26日の北羽新報は、「風の松原 民間ボランティア誕生」 「学習や観察、監視を」 「広範な市民等で守られる会」 等の見出しで新しい団体の設立を伝えている。続きを読む

北羽新報の平成13年3月25日に「風の松原 純林、混交林を適切に」 「地帯を区分し管理」 「一部で試験的取り組みも」 と東北森林管理局の整備の基本方針がまとまったことを報じている。
続きを読む

北羽新報平成13年2月3日は「保全育成、市民の手で」と報道している。
「能代市の有志 ボランティア団体設立の動き」 「後世へ黒松林継承を」 「広範に参加呼びかけ」等の見出しが出ている。
続きを読む

平成13年2月3日の北羽新報は、「保全育成、市民の手で」 「能代市の有志 後世へ黒松林継承を」 「広範に参加呼びかけ」 との見出しで、ボランティア団体設立の動きを伝えている。続きを読む

平成12年9月1日の北羽新報は、「風の松原」で標本採取ー国立科学博物館- 「松原が直面する諸課題の基礎資料に」 「林内の植生実態探る」 「地元の自然観察指導員 ボランティアで前面協力」 という見出しで報じている。
 続きを読む

平成11年2月7日の北羽新報に 能代砂丘「埋もれ木」出土でナゾ解明へ という記事が載っていた。
001_hokuu99_02_07noshirosakyuu

北羽新報平成12年1月10日の「トピック」特集では、「風の松原」の課題解決を」 「単純林か混合林か」 「21世紀へどう引き継ぐ」 と見出しをたくさん立てている。続きを読む

平成12年1月5日の北羽新報に「松くい虫の被害拡大」の記事が載った。
003_hokuu00_01_05masukuimushi

平成11年11月9日の北羽新報で 「ついに風の松原で被害<松くい虫>」 という記事が出た。
002_hokuu99_11_09matsukuimushi
 

緑のシンボル・松原を抱える全国九市町が参加した第7回松原友好市町交流会議(松原サミット)が28日能代市で始まった。続きを読む

昨日1989年10月7日(土)に日本五大松原サミットが開催された。その様子が今日の北羽新報1面を飾っている。続きを読む

日本五大松原フェスティバルの開催に合わせた風の松原の整備が進んだ。
続きを読む

昭和62年8月21日北羽新報は、「市民の会」を設立」 「重要性認識に啓もう活動」 「市民の手で利活用を」 「市民の手で利活用を」という見出しだった。
続きを読む

昭和58年7月、鈴木重孝氏の 「大開浜砂防林について」 が2回、北羽新報に掲載されました。続きを読む

砂防林を愛する会から昭和49年4月に「意見広告」が発表された。まだ紙面を確認していないが、その原版コピーを入手したので、月末の日付で掲載する。続きを読む

昭和46年6月14日の北羽新報には 「“愛する会”が結成式」 「砂防林の保護、育成に努めよう」 「柳谷能代市長らを招き」 の見出しで記事を書いている。続きを読む

北羽新報昭和46年3月14日号に山木吉長氏の「景林翁の松を伐るな」が掲載されているので、その切り抜きを紹介する。続きを読む

昭和46年2月28日、北羽新報に「砂防林を守る研究集会」の記事が出ている。続きを読む

昭和46年2月13日、北羽新報は山木吉長氏の 「砂防林を守れ -こわい三分の二伐採論-」 を掲載している。
十年ほど前に私が市立図書館でコピーした時に、題字の部分はコピー出来なかった。今回は新聞の閲覧は出来たが、紙面劣化の恐れがあるため昭和50年以前の新聞はコピーさえも出来なかった。「新聞は一度しかコピー出来ない」という規則もあるのだそうだ。続きを読む

昭和46年1月29日の北羽新報に 「再開発構想、市長に答申」 「審議会おわる」 「伐採は最小限に」という見出しの記事が載った。
続きを読む

昭和46年1月27日の北羽新報で県第三次総合開発計画案を発表している。続きを読む

北羽新報の昭和46年1月13日号は、「基本構想の審議始まる」 「松林切らぬ方向へ」 「一部開放をめぐって論議」 「無視できぬ市民感情」 「海面埋め立て案も検討」などの見出しを立てている。続きを読む

北羽新報の昭和46年1月12日号では再開発構想を検討という記事が掲載されている。続きを読む

昭和46年1月5日の北羽新報に「能代市 今年の課題」という特集で記者座談会が特集されている。見出しは 「どうなる砂防林」 「臨海団地の位置づけ」続きを読む

北羽新報の昭和46年1月1日号に元営林署職員の鈴木重孝氏が「松林の四季」という文章を寄せている。続きを読む

昭和46年1月1日号には写真が4枚掲載されていた。写真の説明は 「うっすらと雪化粧した松林 いまの計画ではこの林も伐採の運命にある」 「松林を見回わる作業員。雨の日も雪の日も欠かさず‥‥」 「昭和五年、稲荷神社西北部の黒松が移動砂丘の前進で破壊された。」 「ひと冬で砂浜の様相が一変する。飛砂を防ぐ垣根が破られることすらある。」
続きを読む

昭和46年1月1日号に「昭和60年の未来図」-能代市の都市計画-として地図が掲載されている。続きを読む

昭和45年12月14日の北羽新報は 「再開発構想・市民の反響」 「ぜひ計画実現へ」 「産業開発の期待大きく」 「市民サイドの検討を まず科学的な調査・解明を」 「松林解放に強い不安 飛砂、風害の万全な防止を」というたくさんの見出しで報じている。続きを読む

昭和45年12月14日の北羽新報に掲載された砂防林の鳥瞰図続きを読む

昭和45年12月13日の北羽新報には「12月定例議会おわる」 「再開発構想 審議会で検討へ」見出し。続きを読む

昭和45年12月13日の北羽新報に小畑知事の発言が紹介されている。続きを読む

昭和45年12月12日北羽新報に「木材工業再開発構想の概要」が掲載された。続きを読む

昭和45年12月12日の北羽新報は 「再開発構想まとまる」 「きのう小畑知事に答申」 「松林なるべく残せ」の見出しで答申内容を報じている。続きを読む

昭和45年12月12日の北羽新報に「砂防林に科学的究明を」という論説が掲載されています。続きを読む

昭和45年12月3日の北羽新報に 「能代木材工業再開発構想」 「今月中に知事答申」 「浅内寄りに団地化」 の文字が踊った。続きを読む

昭和45年11月13日の北羽新報は 県の第三次総合開発計画の骨子がまとまったことを報じている。続きを読む

↑このページのトップヘ