新・風の松原を歩く

PC版では、2017年5月までの「ブログ 風の松原を歩く」も表示したまま、画像を沢山表示できるように、またスマホからも投稿できるようにした。 名前を「新・風の松原を歩く」とした。 「風の松原」は秋田県能代市の海岸砂防林である。

文化ー新聞切り抜き帖

昨日の北羽新報にこのブログのタイトルにした「自然文化遺産を守り育てる -風の松原と共に-」が掲載されていた。伊藤忠夫氏の投稿?である。元静岡大学教授の伊藤忠夫氏は能代高校の先輩、旧制中学卒業生、昭和23年に卒業した19期生だ。著書には1931年3月27日生まれとあるからもう88歳になるのか。続きを読む

6月29日の北羽新報文化欄に高橋秀晴氏の「近代文学に描かれた能代」が掲載された。これは4月22日に行われた「能代おもしろ塾」での講演の内容である。その日のことはこのブログを立ち上げる以前に投稿していた「ブログ 風の松原を歩く」4月22日に投稿しているので読んでいただきたい。続きを読む

パンダの赤ちゃんが生まれたのは今月12日、この原稿が北羽新報文化欄に掲載されたのは6月7日。普通、原稿を北羽新報に持ち込んでから掲載されるまで1週間くらい掛かるから5月中に書いていたのか?
武田悠子さんは、私の友人、2013年5月17日に逝去された武田功君の奥様。栄養学を修め、藤沢市で活動していたと伺っている。奥様が能代に住み始めたのは武田功が癌を発症してからだから、能代在住数年。


続きを読む

↑このページのトップヘ